コンポストとは

コンポストの概要、メリット、デメリット、種類、堆肥、特徴、おすすめなど

  • HOME
  • コンポストとは?やり方、方法、作り方、メリット、デメリット、種類、堆肥、特徴など

コンポストとは?

コンポストとは「堆肥(compost)」や「堆肥をつくる容器(composter)」のことです。家庭からでる生ごみや落ち葉、下水汚泥などの有機物を、微生物の働きを活用して発酵・分解させ、昔から伝承されてきた日本の大切な知恵のひとつです。

コンポストって新しい活動・概念なの?

日本には「もったいない」という言葉があるように、かつては人と自然が共生する循環型の生活を送っていました。稲作が発達した日本では、生ごみや糞尿などを自作で肥料(たいひ)にして、田畑へ散布していました。しかし、都市化が進み、人口が増えて化学肥料や農薬をつかった効率性を重視した農業が普及すると、ごみは多様化し、まとめて焼却処理されるようになりました。一方、市町村でコンポスト事業が始まり、ここ20年ほどは循環型社会への取り組みとして再注目され、各地に広がっています。

コンポストをすると何が良いの?

最近は、一般の家庭でも手軽にできるコンポストが増えています。そもそもコンポストにはどんなメリットがあるのでしょうか。

自分・家庭へのメリット

●生ごみを捨てる手間がなくなる
●生ごみを捨てるときに使うビニール袋が必要なくなる
●栄養豊富な堆肥を自作することができる
●できた堆肥は家庭菜園や花の栽培に活用できる
●堆肥でできた野菜や果物はおいしく、安心して食べられる
●ごみが減るので、ゴミ袋代を節約できる
●環境などに関心を持つきっかけになるんど、エコ活動として気軽に参加できる

地域・地球へのメリット

●ごみが減り、自治体が焼却処分するための手間や燃料、費用が減る
●ごみの焼却が減るため、処理につかう二酸化炭素の排出量が削減されてる
●堆肥を学校や農家など地域に還元することができる

ざっと並べただけでも、コンポストにはこれだけ多くのメリットがあります。自分や家族にはもちろん、地域・環境全体にまで影響を及ぼしているのです。身近な自分の暮らしが環境活動への大きな1歩になりそうですね。

堆肥(たいひ)って何?

コンポストに取り組むと、生ごみが堆肥に変わります。では、堆肥とはどんなものか知っていますか。
「わら、落葉、野草、藻類などを積んで腐らせた自給肥料。肥料としての効果のほか土壌の肥沃度を保ち、土壌の物理化学的、微生物学的な性質を改善する土壌改良剤として有効である。」(ブリタニカ国際大百科事典)
簡単に言うと、堆肥とは有機物を微生物に分解させて、その栄養を植物が吸収しやすい状態にしたものです。

どうやって生ごみが堆肥に変わるの?(メカニズム)

自然界には、さまざまな種類の微生物がいます。空気や土、水、私たちの体の中など、身のまわりのあらゆるところに住んでいます。土ができたり水がきれいになったり、納豆や醤油、チーズ、お酒などの食品も、微生物の働きによってできるものの一例です。
コンポスト容器の中に生ごみを入れると、有機物をエサにする微生物が分解して、その活動エネルギーで温度が上がったり下がったりします。そのため、容器の中には四季それぞれに働くたくさんの微生物が混在し、同時に活躍することで、自然界よりもかなりスピーディに堆肥化が進みます。

自然のサイクルでは、小動物や微生物の働きによって、植物などの有機物は時間をかけて土に戻ります。1cmの土ができるためには100年かかると言われています。
田畑で野菜や果物を育てて収穫を繰り返すと、土の中の栄養素はだんだん減っていきます。土に含まれる栄養素を使うことで作物ができるためです。人が堆肥を自作して土に加えれば、より早く効率的に土に栄養を補うことができます。
私たちが出す燃えるゴミの約4割は、生ごみが占めています。私たちが食べた作物の生ごみを家庭で堆肥にして土にかえせば、自分たちの手で「小さな循環」「リサイクルの輪」を作ることができるのです。

コンポストにはどんな種類があるの?

コンポストを始めるためには、コンポストをするための道具であるコンポスターが必要です。いろいろな種類があるので、代表的なものをご紹介しましょう。

設置型コンポスト

庭の土を掘り、コンポスターの下の部分を埋めます。上にはふたがついています。生ゴミのほか、庭の落ち葉や雑草なども入れられます。いっぱいになったら2~3か月熟成させます。

回転式コンポスト

生ゴミや落ち葉などを入れて、容器ごと回転させることで堆肥化に必要な酸素を効率よく供給します。丁寧に扱わないと取っ手などが壊れることもあるので注意が必要です。

密閉型コンポスト

密閉した容器に生ごみとぼかし(米ぬかや発酵促進剤など)を入れて、ゴミを発酵させます。生ゴミは分解されないので、土に移して1か月ほど分解させる必要があります。嫌気性のタイプであるため強い発酵臭を悪臭と感じる人も多いため、マンションでは注意です。

ダンボールコンポスト

ダンボールに資材を入れ、生ごみを投入してよくかき混ぜるだけ。最後に3週間ほど熟成させます。安価で作り方が簡単なコンポスターです。ダンボールは庭やベランダに置き、2~6か月ごとの交換が必要です。

電動生ゴミ処理機

電気を使い、温風で生ゴミを乾燥させて堆肥化、や炭化させるタイプ、資材を入れ自動で回すタイプなどがあります。室内に設置できて手軽ですが、本体が高価で電気代がかかり、音がするという問題もあります。

ミミズコンポスト

ミミズと資材を入れた容器に生ごみを投入すると、ミミズが生ごみを食べて分解してくれます。ミミズは好き嫌いがあるので柑橘系など入れられない生ごみがあります。

コンポストは自作できる? 作り方、使い方は?

各種のコンポスターはDIYで自分で作ることもできます。中でも安価かつ簡単にできるのは、ダンボールコンポストです。ただし、悪臭や虫の発生の可能性がありますので、リスクに気を付けて自作しましょう。

トラブルの原因、対処法、注意したいこと。

コンポスト初心者にとっては、気になることがたくさんあるでしょう。代表的なトラブルの原因や対処法についてお答えします。

コンポストに入れて良いものと悪いもの

ご飯や麺、肉、魚、野菜など、人が食べる生ごみを入れましょう。玉ねぎの皮やニンニクの皮、卵の殻は分解するのに時間がかかります。1日300g~500gを目安に投入してください。
※貝は入れることができません。

悪臭がある場合

コンポストの種類によって、臭いのタイプが異なります。密閉式は、ふたを開けたときに独特の酸っぱい臭いがします。もし悪臭が発生した場合は、下からよく混ぜることで概ね改善します。水分や生肉、魚類が多すぎる可能性が考えられます。そのときは生ごみの投入を2~3日休み分解を促すことで改善します。

虫が湧いた場合

虫が出ることはもちろんありますが、対策をすることで防げます。自分で容器や基材を用意する場合は、虫や卵が入っていないか確認してください。コンポストにカバーをかけることで、外から虫が入ってくるのを防げます。
もしうじ虫が発生したら、米ぬかやてんぷら油、糖分を入れて分解を促し、温度を上げることで卵を死滅させることができます。それでもまだ虫がいたら、ダンボールコンポストの場合は中身を全て透明のビニール袋に移し、天日干しにします。日差しが強ければ、うじ虫は1日で死滅します。虫がいなくなったら中身を容器に戻して、再開しましょう。

コンポストでできた堆肥はどう使う?

生ごみの投入を終えたら、熟成に入ります。熟成期間は2~3週間。全体的に乾燥したままであれば、水を500㏄投入し週に1~2回混ぜてください。

できた堆肥の使い方

自家製の堆肥には、植物がうまく育つために必要な栄養素が豊富に含まれています。また、堆肥を混ぜると土がふかふかになり、保水性や排水性、通気性が高い良好な土になっていきます。
庭やベランダで家庭菜園をしたり、ガーデニングに活用したりしましょう。
自作の堆肥を使って無農薬で育てた野菜は、葉っぱや皮から丸ごと食べても安心安全です。スムージーにしてもいいですね。
堆肥づくりを通して自然と季節を身近に感じ、自分の生活の中で小さな循環を意識してみると、心豊かな暮らしを楽しむことができますよ。

手軽に続けやすいコンポストは?

「コンポストを自宅手軽にやってみたい」「できるだけトラブルなく続けたい」という人におすすめしたいのが「LFCコンポスト」です。使い方は、生ごみを入れて混ぜるだけ。1日300gの生ごみを1.5~2か月間投入できます。

LFCコンポストをおすすめする理由は4つ

1.グレーのバッグ型コンポストは、戸建てやマンションのベランダや家の中にそのまま置いても、まるでインテリアのようになじむこと。従来のコンポストは、見た目がごみ箱のようなものが多かったのですが、これならスタイリッシュな雰囲気です。しかもこのバッグは、ペットボトルをリサイクルしてできたエコ素材。まさに地球に優しいコンポストといえます。

2.バッグの上部には耐水性、止水性のファスナーがついていて密閉できること。ファスナーをしっかり閉めれば、雨水が少しくらいかかっても中まで入らず、虫の侵入を防ぐこともできます。

3.生ごみを分解するコンポスト基材に秘密があります。モミ殻やヤシ殻などをゴールデン比率で独自にブレンドし、ごみの分解が速く進むように配合しています。分解促進剤も不要のため、悪臭も出にくいのが魅力です。

4.生ごみと基材を入れる油紙は土にもどる紙袋を使用。コンポストの快適な水分条件をサポートします

毎月、続けてみようと思う人は、回数制限なしの「定期プログラム」がオススメ。毎回100円オフで届き、お届けサイクルも自由に変更です。毎回送られてくる同梱物にはコンポストを続ける上で役に立つ情報が満載です。

また、コンポストを始める前にまずは体験したい方にオススメなのが「コンポストチャレンジ」。LFCコンポストより1まわり小さいバッグと基材に、土、種、用土がセットになっています。使い方は同じで、基材に生ごみを入れて混ぜるだけ。毎日300gの生ごみなら3週間ほど投入できます。

3週間ほど生ごみを入れ終えたら、袋を閉めて、約2週間そのまま熟成させます。堆肥になったら専用の用土を混ぜたら、バッグを外側に折ってプランターに。一緒に送られてきた種をまき、野菜を育てて食べましょう。コンポストをそのままプランターにして家庭菜園をするという、画期的なアイテムです。

生ごみ→堆肥をつくる→野菜を育てる→食べるという「ローカルフードサイクリング」を手軽に感じるLFCコンポストでエコフレンドリーなライフスタイルを始めてみませんか。